総量規制とはそもそも何?対象外となるローンもあるの?

これからカードローンを利用して借り入れをおこなう際に気になることの一つに、一体いくらまで借り入れることが出来るのかというのが挙げられるでしょう。特に、多額の借り入れを検討中の方にとっては、借り入れ可能な金額は非常に重要なポイントですよね。

お金を借りるときの上限額

そもそも、カードローンで借り入れるうえで、それぞれのカードによって利用限度額が定められているため、その金額以上に借り入れをすることはできません。では、複数のカードローンを利用すれば無限に借り入れをおこなえるのでは?と思うかもしれませんが、これは総量規制という仕組みに基づいて出来ないように制限されているのです。

貸金業者は個人に対して、年収の3分の1以上を越える借り入れはおこなってはいけないことになっており、貸金法という法律の総量規制によりそう定められているのです。

自分自身で収入のない専業主婦の方や収入が少ないパート勤務の方の場合は、配偶者の年収と合算した金額の3分の1までとなっていますので、収入がなくてもカードローンを利用することはできます。

またどのような収入が対象として含まれるのかと言いますと、仕事で得た給与収入だけでなく年金や不動産収入なども年収として扱われるため、それらを全て合算した金額の3分の1までなのもポイントになります。

総量規制がスタートしたのは2010年からなので、まだ比較的新しい法律ではあるのですが、施行されることになった背景には、個人が多額の借り入れをおこない多重債務状態に陥ってしまうのを防ぐためというのがあります。

確かに、年収の3分の1以上の借り入れをしてしまうと、返済するのはとても大変ですから身を滅ぼしかねないと思います。そうならないようにするためにも、総量規制により借りられないようになっているのは、ある意味借りる側としてはありがたい仕組みではないでしょうか。

どうしようもなくお金がない

複数の業者からお金をかりれるのか

ところで、よその会社からいくら借り入れをしているのかなど貸金業者が知る由もないだろうから、申し込みをすれば年収の3分の1以上でも借りられるかもしれないと思うかもしれませんね。

しかしながらこれは無理な話で、貸金業者は信用情報を照会して、あなたが今現在他社からいくら借り入れをおこなっているか調べますので、やはり3分の1以上の借り入れは不可能でしょう。

そこで考えつくのが、年収を偽り高く申告すれば借りられる金額も増えるという案ですが、こちらも収入証明の提出が求められるでしょうからバレてしまう可能性が高く難しいです。

結局のところ、強引に年収の3分の1以上のカードローンを組む抜け道はほとんどないですし、そのようなことをしたとしても返済が厳しく苦しむことになるだけなのが目に見えていますのでおすすめはできません。

なぜ貸金業者から年収の3分の1以上も借り入れをおこなわなければいけないのか、その点をしっかりと見つめなおし、金銭の使い方の改善を考えた方がよほど有意義かと思います。

年収の3分の1以上借りている人もいる

ちなみに、総量規制の対象となる貸金業者は、貸金業者として登録されている消費者金融やクレジットカード会社などが当てはまり、銀行は対象外のため銀行のカードローンなどで借り入れている金額は含めませんので、厳密にいえば年収の3分の1以上借りているという状況もあり得るでしょう。

また、総量規制の対象に当てはまらないケースというのも中にはあり、例えば住宅購入時における住宅ローンや自動車ローンなどがそれに当たるため、すでに住宅ローンなどで多額の借り入れをおこなっている人であっても、新たにカードローンを組むことは可能です。

他にも、医療費としての借り入れやおまとめローンの為の借り入れなど、総量規制における例外も少なからずありますので、やむを得ない事情で多額の借り入れをしたい場合には大丈夫なケースもあるということを覚えておくとよいでしょう。